蒼い日記

趣味と日常。時々考え事

フィルム付箋デビューしてみました

 

お久しぶりです。

もうすぐ誕生日 5月生まれ・双子座の蒼(@a365diary)です。

 

突然ですが、その日にやることを書いておく時、皆さんなら何に書きますか?

  • 手帳?
  • 付箋?
  • メモ帳?
  • 頭の中・・・?


私は、要らなくなった用紙の裏紙を4等分とか6等分に切ってメモ用紙にして、それに書いていました。
が、ある日ふと・・・


女子として、これはいかがなものだろうか。。。? (ーー;)


と、思ったのです。
そこで、ちゃんとした ToDoリストを使おう!! と決意。
偶然ネットで見つけたこちらを買いました。

  

 

www.kanmido.co.jp

 

カンミ堂の 『 SUTTO 』 です。

SUTTOを選んだ理由

  • 付箋のデザインが可愛かった
  • 机の上にちょこんと立っているのも可愛らしい
  • 同じカンミ堂の付箋 " PENtONE " とも併用出来るから ( PENtONE の付箋も可愛い柄バカリなんですよね~ )
  • ボールペンで書いてもかすれない


SUTTOを選んだ理由、簡単に言えば


見た目で選んだ。


以上です


機能重視も良いですが、人目につくものなのだから、見た目も大事。
人間だってそうでしょう?
どんなに仕事が出来る人だって、髪がボサボサ、服にはシワがよっている、鼻毛ボーボーの人には、ちょっと近づきたくない。
それと一緒です (← えっ? 違う?)

SUTTO を使ってみた感想

インク問題

SUTTOは、いわゆる " フィルム付箋 " なのですが、実は私、フィルム付箋はインクがこすれるので苦手でした。
なので、SUTTOはボールペンでもOKって聞いた時も、半信半疑。
で、実際に使ってみたところ

 

  • ゼブラ 『 紙用マッキー 』
  • 三菱uni 『 スタイルフィット 』
  • パイロット 『 ツインマーカー 』
  • ぺんてる 『 エナ-ジェル 』

では、とくに問題なしでした。( あくまで、個人の使用感 )

 

書き心地

フィルムの裏は白地の下敷きになっていて、等間隔に罫線が引かれているので、この線にミシン目を合せれば、ミシン目の上に字を書いてしまった・・なんてことがありません。

また、下敷きの裏は滑り止めの突起状になっているので、書きやすいです。

 

詰め替えの手間

PENtONE のフィルムが共通して使えるというので、ためしに差し替えてみました。やり方は、SUTTO のwebサイトに紹介されているので、そちらをどうぞ。

www.kanmido.co.jp

 

フィルムを差し込む時に、フィルムを少し出した状態でスタンドに装着するのですが、シワが出来てしまうことがあるという点を除けば、そんなに難しい作業ではないと思います。

なので、気分によってフィルムを入れ替える楽しさもあるんじゃないかと。

 

置いた感じ

 

ToDoリストとして使っているため、目につく場所に置かないと意味がありません
今までは、紙に書いて机の前にある壁とかに貼付けていたのですが、SUTTOは " 置く " タイプ。
目につくところに置いておくとなると、逆さまにして、スタンドの金具をフックに引っかけてぶら下げておくのが良いのかなぁとも思いますが、パソコンの横とかに置いても良いと思います。

 

っていうか、それが一般的な使い方でしょうしwww

 

スタンドで立てた時の高さは約9センチなので、置いたらジャマになるとか、小さくてどこかに紛れてしまう・・・ということはないと思います。

 

総評

メーカーによると 「 水性ペンやゲルインキでは、インクの性質により使えないことがある 」 そうですが、今のところ手持ちのペンで問題なく使えています。
それ以外の書き心地や、詰め替えの手間も問題ないかと。

 

出来れば、立てた時にもうちょっと傾斜がついているといいなぁ。とか、押しピンとセットにしてぶら下げて使えるタイプもあったらいいなぁ。なんて思います