蒼い日記

趣味と日常。時々考え事

パイロットのボールペン Juice upを色んなノートに書いてみた

f:id:ao3channel:20170904134955j:plain

 

 文房具に関するウェブマガジン 「 毎日、文房具。」 さんの記事で、こういうのを見つけました。

 

mai-bun.com

 

 パイロットといえば、消せるボールペンでお馴染みのフリクションや、「 はっぱふみふみ 」 のCMでお馴染みの万年筆などを販売している有名な筆記具メーカー。

私も、手帳や仕事用の筆記具でお世話になっています <(_ _)>

 

そんなパイロットさんが出した新しいボールペンと聞いては、書き心地を試してみたいっ!

「 手帳との相性もバッチリ 」 と聞いたら、試さずにはいられないというのが、人情ってもんです (違う)

 

 

ということで

f:id:ao3channel:20170904135002j:plain

ブルーブラック0.4mmを我が家にお迎えしました。

ちなみに、この Juice upは、メーカーのサイトによると、0.38mm ( 激細 ) と、0.4mm ( 超極細 ) の2種類のペン先があり、共通しているカラーバリエーションが

  • ブラック
  • レッド
  • ブルー
  • ブルーブラック
  • オレンジ
  • グリーン
  • ピンク
  • バイオレッド
  • ライトブルー
  • ブラウン

 

また、0.4mmのみのカラーラインナップとして、

  • ホワイト
  • パステルオレンジ
  • パステルグリーン
  • パステルブルー
  • パステルバイオレット
  • パステルピンク
  • ゴールド
  • シルバー
  • メタリックピンク
  • メタリックブルー
  • メタリックグリーン
  • メタリックバイオレット

があります。

全ラインナップを揃えたいところですが、書き味が分からないとなんとも言えないのでとりあえず1本だけ。

オールマイティに使えるブラックでもいいですが、ブルーブラック好きとしてはやっぱり黒より好みの色を選びたいもの。

 

そして、手持ちの手帳やノートに試し書き~ φ(..)

まずは、我が家のブルーブラック 全員集合

f:id:ao3channel:20170904135014j:plain

Juice up を含め、手持ちのブルーブラックインクのペンを全員集合させ、トラベラーズノートの無罫リフィルを使って、各々の色の違いを確認。

Juice up とスタイルフィットが 「 ブルーブラック 」 と呼ぶ色には一番近いかな。

 

プレピーはブルーブラックというより、紺色って感じだし、カクノも黒に近い青というか、濃紺というか、そんな感じですね。

 

 

色んな手帳に書いてみよう

「 手帳との相性もバッチリ 」 というのなら、ジブン手帳やほぼ日手帳など、手元にある手帳に書いてみました。裏写りもチェックしましたよ。

 

ジブン手帳

f:id:ao3channel:20170904135030j:plain


今現在使っているジブン手帳の紙は、トモエリバーという薄い紙。

けれど、裏写りしにくい紙と言われています。

発色もいいし、「 手帳との相性もバッチリ 」 って、毎日、文房具。さんが書かれていたのも納得です

 

f:id:ao3channel:20170904135036j:plain


ジブン手帳2016の裏写りはこんな感じです。

書いた文字が薄ーく見えますが、私としては許容範囲です

 

 

ジブン手帳 Biz

f:id:ao3channel:20170904135019j:plain


ピンボケしてしまったので分かりづらくてスミマセン m(_)m

ジブン手帳Biz に採用されている MIO PAPER はインクがこすれることもなく、かといってメチャメチャ発色がいいという印象も受けず、といった感じ。

f:id:ao3channel:20170904135024j:plain


ジブン手帳Biz に書いた時の裏写りはこんな感じ。

ほぼ写っていません。

 

 

ほぼ日手帳カズン

f:id:ao3channel:20170904135044j:plain


ジブン手帳と同様にトモエリバーを採用している 「 ほぼ日手帳

発色もいいですし、インクも滲んでいません。

 

いつもは、プレピーやカクノで書いているほぼ日ですが、これからは Juice up の出番が増えるかも・・・?

 

f:id:ao3channel:20170904135049j:plain


ほぼ日手帳カズンの裏写りですが、薄い紙なのでやっぱり透けて見えますね。

私としては許容範囲ですが、人によっては 「 ダメ 」 という方もいらっしゃるかもしれません。そこは好みでしょうね。

 

 

カ・クリエ

f:id:ao3channel:20170904135054j:plain


株式会社プラスのノート 「 Ca.Crea
メーカーのサイトによると、「 万年筆も裏抜け・裏移りしにくい 」 という パスピエ・クリーム紙を使用しているとのこと。

私も仕事で使うノートは専らこれです。

 

そんなカクリエに使ってみた結果、サラサラ書けるし、発色も悪くない。

これは、仕事用に1本購入か!?

 

f:id:ao3channel:20170904135059j:plain


カクリエに使った時の裏写り具合は、こんな感じです。

ほんのーり、うすーく写っちゃっていますが、殆ど写っていないとも言える範囲かなぁ・・・とも感じます。

 

 

トラベラーズノート 無罫リフィル

f:id:ao3channel:20170904135103j:plain


このリフィルに使われている紙は MD用紙。トモエリバーよりは厚みがあります。

インクは滲みませんでしたし、発色も良いと思います。

 

 

f:id:ao3channel:20170904135110j:plain


トラベラーズノートに書いた時の裏写りは、こんな感じです。

こちらも、カクリエの時と同じく、ほんのり、薄く写っていますね

 

 

ムーンプランナー

f:id:ao3channel:20170904135115j:plain


ムーンプランナーに使われている紙は、クリームキンマリという紙。

文字を綺麗に印刷するのが特長だそうですが、手書きも大丈夫です。

 

f:id:ao3channel:20170904135120j:plain

 ▲
ムーンプランナーに書いた時の裏写り状態ですが、6種類の手帳の中で1・2を争うくらい写っていませんね。

余談ですが、同じパイロット社の万年筆 カクノ に使っているカートリッジタイプのインクは、バッチリ抜けました σ(^◇^;)

 

 

感想

今回試し書きに使った6冊のノート。
書き心地を独断と偏見でランクづけするとしたら

 

1位・・・カクリエ

2位・・・ムーンプランナー

3位・・・ジブン手帳Biz

4位・・・トラベラーズノート無罫リフィル

5位・・・ほぼ日手帳

6位・・・ジブン手帳2016

 

サラサラとした書き心地、裏写りともに申し分なかったのはカクリエとムーンプランナー。
ジブン手帳Bizも良かったのですが、上位2冊と比べると発色がやや劣るかなと。

 

4位以下は、許容範囲といえど若干裏移りするので、そこがマイナスです。
まぁ、これは薄い紙の宿命なのかもしれません。

 

 

Juice up

1本200円と Juiceよりは高いですが、サラサラと書き味は良いですし、インクが滲むこともなかったですし、経年劣化による裏抜けはまだ分からないけれど、普段使いのペンとして1本持ってみるのも良いのではないでしょうか。