蒼い日記

趣味と日常。時々考え事

またまた、手帳総選挙へ行ってきました

f:id:ao3channel:20171029210828j:plain

 市民団体 日本手帖の会が主催するイベント 「 手帳100冊! 書き比べ総選挙!」
年3回行われ、第1弾の東京開催に行ってきたわけですが、第3弾の横浜会場も行ける距離だったので、またまた行ってきました。

 

 

f:id:ao3channel:20171029210828j:plain

 

手帳総選挙にキャッチコピーをつけるとしたら 「 来て 見て 触って 書いてみる 」
これじゃないかなぁと思います。

 

・・・昔、某メーカーのキャッチコピーで似たようなのがあったような。なかったような。。。(ゴニョゴニョ)

  

事前準備

書き比べ総選挙は、当日ふらっと行くのも良いですが、エントリーしている手帳を事前にチェックした上で行くようにすると良いと思います。

それを知る手段は、日本手帖の会がネット配信している 「 手帳チェックリスト 」
今年は日本手帖の会が独自に選んだ112冊がエントリーしています。

 

f:id:ao3channel:20171029210909j:plain


112冊全てに試し書きをするのは時間的に難しいという方は、手帳事典を読んで気になる手帳をピックアップしても良いと思います。

 

手帳事典 2018 (玄光社MOOK)

手帳事典 2018 (玄光社MOOK)

 

 

私は、1ヶ月前に銀座で行われた手帳総選挙に行っているため、今回はそのとき書き比べができなかったものを何冊かピックアップしました。

 

場所

今回の会場は、横浜スタジアムのご近所 横浜YMCA

雨が降る肌寒い中、会場に着いたのは夕方。

 

f:id:ao3channel:20171029210902j:plain


受付で投票用の丸シールとアンケート用紙を受け取り、112冊の手帳の中へ

 

f:id:ao3channel:20171029210855j:plain

 

ダ─────イブっ!

 

じゃなくて、気になる手帳のところへ。

フォーマットを見たり、180度パタンと開くのかを確認したり、手持ちのペンとの相性を見て良いと思った3冊に投票しました。

このイベントの楽しいところは、1冊1冊手に取って試し書きをするなど使い心地を確かめられることです。
そのあたり、東京会場へ行った時の記事がありますので、宜しければどうぞ (^^)ノ

 

studio302.hatenablog.com

 

東京会場では、試し書きをした結果、インクが裏写りせず、180度パタンと開いて使うことが出来る3冊に投票したのですが、今回行った横浜会場では、これに加えてフォーマットが面白くて使ってみたいと思えるものに投票しました。

 

何でもそうですが、「 これ面白そう!」 とワクワクする物でないと長続きしませんからね。

というわけで、ワクワクした3冊はこちら

 

 

蒼的 ワクワクした3冊

 逆算手帳 ( GYAKUSAN株式会社 ) 

 

 手帳カウンセラーの コボリジュンコさんが開発した 「 こうありたい 」 を実現するために、ビジョンから逆算して計画を立てることに特化した手帳です。( 逆算手帳のWebサイトより引用 )

族に言う 「 夢を叶える系 」 の手帳だと思うのですが、一般的にそのテのものって、まず目標を立て → 実現のための計画を練り → 実行していく過程を記録するという流れでフォーマットが構成されていると思うのですが、これは 「 逆算 」 という言葉どおり、目標達成のビジョンを描き、それに向けてどう行動するかのプランニングを行うという流れのフォーマットです。

そのコンセプトが面白いと思いました。

 

虹色やること手帳 ( クツワ株式会社 ) 

 

 

f:id:ao3channel:20171029210850j:plain


タスク管理に特化した手帳で、「 虹色 」 のタイトルどおりとてもカラフル。
それだけでもウキウキしそうですが、色分けのルールを決めて、家族の予定を書き込む手帳としても使えるかなぁと思いました。

書き込む内容が仕事のことや、ちっとも楽しくない、でもやらなくてはならないタスクだったとしても、この手帳ならパステル調というところが女性らしくて可愛くて前向きに取り組めそうです

 

 

NOLTYスコラライト ( 日本能率協会マネジメント )

f:id:ao3channel:20171029210847j:plain


日本能率協会こと JMANが手がける手帳ブランド 「 NOLTY 」 シリーズの中で、学生、とくに中高生向けに 「 書くことを習慣づける 」 ために作られた手帳です。

日中 ( 8時~16時 ) は1時間1行 それ以外は30分1行に分けられたウイークリーバーチカルで、その日のタスクや、1週間を振り返って学んだことや楽しかったことなどを書くフォーマットになっています。

 

学生向けを謳っていますが、資格取得を目指す社会人でも使えるでしょうし、夢実現のために頑張る日々を記録するのにも合っているかなと思いました。

逆算手帳と併せて使えば、鬼に金棒かも!?

 

手帳文化祭2017

 横浜会場では、書き比べ総選挙だけではなく、「 手帳文化祭2017 」 というイベントも併せて行われておりました。
その内容は

 

手帳ウォール

 

手帳ユーザーさんの中には、ご自身の使い方などをコンビニエンスすトアのネットプリントサービスを使って 「 てちょぷり 」 という新聞のようなものを廃sンされている方がいます。

それを一堂に集めて壁新聞のように張り出したものが、手帳ウォール

f:id:ao3channel:20171029210843j:plain

 

手帳マーケット

 

f:id:ao3channel:20171029210836j:plain


手帳に関するアイテムの展示・頒布を行うスペース。

ちょっと離れたところには、手帳についての書籍や雑誌などが読めるスペースもありました。

 

他にも、手帳に関するモノづくりができる 「 手帳ワーク 」 や、参加者が交流できるスペース 「 手帳サロン

手帳スクエア 」 という特別展示のコーナーでは、1980年からシステム手帳のリフィルを自作されている " レジェンド石井 " さん協力の下、石井さんがこれまで作られたリフィルを見ることができるコーナーもあり、「 文化祭 」 と呼ぶに相応しい様々な企画が盛りだくさん! となっていました。

 

横浜会場での総選挙は、10月29日までとなっております。

手帳好きの方はもちろん、ちょっと面白そう・・・と、興味を持たれた方も、ぜひぜひ行ってみてください